フォステクス(Fostex) FE138ES-R 超強力スピーカーユニットの発売

 10月初旬のハイエンドショウで、そのプロトタイプが展示されて
いましたが、ご覧になられましたでしょうか。
去年夏に限定発売されたFE208ES-Rスピーカーユニットは、「アッ」と
いう間に売り切れ、次は小口径ユニットと予告されていたものです。

 FE208ES-Rの強力さ、小音量でもバランスが崩れず、その立ち上がり
下がりの早さ、ダイナミックレンジ、周波数レンジとも素晴らしもの
でした。
D-57の箱に入れ、T500A兇鬟張ーターとして乗せれば、市販の200
〜300万円クラスに匹敵する音質だと感じたものです。
まあ、でかくて重いのが欠点でした。

 その下位13cm口径のものが早ければ12月?にも発売されそうです。
センターキャップは言わずと知れた純マグネシウム。
これを用いれば、強力さや迫力はやや小振りになるものの、素晴らしい
音質は引き継がれると想定されます。
 フォステクスにしては珍しい13cm口径ですので、その箱をどうするか
ちょっと悩むところです。

 私としては16cm口径を待っていたのですが・・・、担当者にその旨を
質問すると・・・、どうも製作予定がなさそうな回答でした。
本当は防磁タイプにして欲しい希望もあるのですが・・・・・。

 ともかく入手できたら箱の設計にかかろうと、気が早いのですが、
今から期待しています。

FOS_FE138ES-R