太陽光発電の関連業者について(その2)

4.長州産業株式会社(1,126kWh)
   サンヨーから委託を受けて太陽光パネルを生産しているメーカーである。
  太陽光パネルは生産して検査してみないと、所定の発電量に達するか否かわらない
  ところがあり、規定の発電量より2〜5%少ないだけでその他の性能は遜色ないと
  いったパネルで製品化したものを販売。価格はサンヨーより10%前後安くなる。
  あまり積極的に販売してはいないが一考の価値あり。
  このパネルを取扱う代理店は少ない。当然、年間発電量はサンヨーと同等。

5.株式会社カネカ(不明 kWh)
   旧:鐘淵化学工業株式会社。ソーラエネルギー事業部で扱っている。
  パネルの製造は、カネカ100%出資の子会社カネカソーラーテック蠅担当している。
  パネルは2つの異なる特徴を持つ層を重ねた薄膜シリコンハイブリッド太陽電池
  モジュールにある。それはアルファモスシリコンと薄膜多結晶シリコンからなる。
  これにより、夏場高温下での発電量の低下を低減できるらしい。
  また、瓦一体型のパネルも持っている。

6.京セラ株式会社(1,044kWh)
   寄せ棟等に美しくレイアウトできるSAMURAIシリーズを持つ。カネカと同様に
  瓦一体型のパネルも持っている。多結晶シリコン太陽電池セルを生産している。

7.LS産電株式会社(韓国)(1,009kWh)
   株式会社サニックスが輸入を開始。高品質の単結晶モジュールである。
  その特長は他社に比べて圧倒的な価格競争力である。
  4kw発電システムの場合、工事費込みで通常1kw当たり550,000〜680,000円に対し、
  420,000円程度で提案している。

                                 (終り)